薬剤師転職 > 薬剤師転職-転職理由を考える

薬剤師転職-転職理由を考える

転職を決めた理由は人によって異なるものです。

「今より収入をアップさせたい」
「人間関係がこじれてしまった」
「挑戦したい分野がある」
「資格取得・キャリアアップを狙いたい」
「結婚・出産で現在の職場を続けられなくなってしまった」

薬剤師の転職先には様々な選択肢があり、また正社員だけでなくパート・アルバイトなど雇用形態にもいろいろなスタイルがあります。ですので薬剤師の転職は、その理由によってこれら多くの選択肢の中からベストな条件を選ぶ事ができるのです。
薬剤師の退職・転職「引き止めをクリアしましょう」

まずはあなたの転職理由を明確にし、求める条件を定める事が薬剤師の転職の最初の一歩と言えるのではないでしょうか。また転職理由は、あなたの職選びに大切なだけではありません。ほとんどの面接で聞かれる重要なポイントにもなります。

「人間関係」や「収入アップ」を理由に転職をする方は多いでしょうが、素直にそのまま伝えた場合マイナスなイメージに繋がりかねません。「転職する=すぐ辞めてしまう人」と受け取られてしまっては、合格の確率もグッとダウンしてしまいます。

嘘をつく必要はありませんが、出来るだけプラスな転職理由を考えておいて下さい。例えば人間関係が理由なら、「チームワークを活かし周囲と協力し合いながら働きたいと思いました」といった風に言い換える事が出来るでしょう。マイナスな感情の奥に隠れてしまったプラスな要素を探って下さい。

とはいえ、誰しもが簡単にできる訳ではありませんね。特に薬剤師の業務は忙しく、スムーズに最適な転職理由を導きだし、マッチした求人を選びだす事はなかなか難しいでしょう。そんな場合、薬剤師の転職支援サイトでサポートを受ける事も視野に入れてみて下さい。

あなたが望む条件に合った求人選びはもちろん、転職活動での様々な不安・疑問を専属のコンサルタントがサポートしてくれる無料のサービスもあります。これらをうまく活用しながら、この転職を成功させましょう。


保健所で働く薬剤師を目指すなら

「お薬屋さん、薬局」とひとくちに言ってもそのスタイルは様々で、つまり薬剤師が活躍する就職先にはたくさんの選択肢があります。「薬剤師の資格」とは、収入面、休日の多さ、安定、やりがい などなど…自身が重視するポイントによって人それぞれ満足のいく就職・転職を叶える事が可能な資格なのです。

なかでも「安定」を求めているタイプの薬剤師の方に最適な働き方は、なんといっても公務員としての就職なのではないでしょうか。薬剤師が公務員として働く場合、「保健所薬剤師」という選択肢があるのです。もちろん公務員ですので、一般の方と同じく公務員試験をパスする必要があります。

「安定したいから!」と簡単になれる職種ではありませんが、その苦労に見合った安定が得られるでしょう。最初から高収入が期待できる職業ではありませんので「収入アップ」を意識した転職には向きませんが、安定感、残業の少なさ、転勤の心配が無い、など魅力から人気の高い働き方です。

保健所で働く薬剤師の仕事内容は様々で、薬局や製造施設への指導や監視を行う薬事衛生はもちろん地域の生活衛生や保健衛生を守る重要な役割を担っています。地域に密着して住民の健康をサポートする充実した薬剤師人生を歩む事が出来るでしょう。

では、保健所で働く薬剤師を目指すにはどのように動き始めれば良いのでしょうか?上にも書きました通り保健所で働く公務員ですので公務員試験にパスすることが必要です。ですので予備校に通って公務員試験合格を目指すのが一般的な方法でしょう。

また注意したいのは、公務員試験にパスしてもすぐに保健所で活躍できる訳では無い事です。実は公務員として働く薬剤師には、保健所以外に国立病院など様々な配属先があるのです。そのなかから保健所へ従事できる保証はないのです。

保健所薬剤師への就職はたしかに狭き門ではあります。簡単になれるものではありませんが、「安定」を重視した就職・転職を希望しているのであれば大変メリットの多い働き方です。目指す方はぜひチャンスをつかんで下さい。