転職理由を考えてベストな条件を定める!

薬剤師転職-転職理由を考える

転職を決めた理由は人によって異なるものです。

「今より収入をアップさせたい」
「人間関係がこじれてしまった」
「挑戦したい分野がある」
「資格取得・キャリアアップを狙いたい」
「結婚・出産で現在の職場を続けられなくなってしまった」

薬剤師の転職先には様々な選択肢があり、また正社員だけでなくパート・アルバイトなど雇用形態にもいろいろなスタイルがあります。ですので薬剤師の転職は、その理由によってこれら多くの選択肢の中からベストな条件を選ぶ事ができるのです。
薬剤師の退職・転職「引き止めをクリアしましょう」

まずはあなたの転職理由を明確にし、求める条件を定める事が薬剤師の転職の最初の一歩と言えるのではないでしょうか。また転職理由は、あなたの職選びに大切なだけではありません。ほとんどの面接で聞かれる重要なポイントにもなります。

「人間関係」や「収入アップ」を理由に転職をする方は多いでしょうが、素直にそのまま伝えた場合マイナスなイメージに繋がりかねません。「転職する=すぐ辞めてしまう人」と受け取られてしまっては、合格の確率もグッとダウンしてしまいます。

嘘をつく必要はありませんが、出来るだけプラスな転職理由を考えておいて下さい。例えば人間関係が理由なら、「チームワークを活かし周囲と協力し合いながら働きたいと思いました」といった風に言い換える事が出来るでしょう。マイナスな感情の奥に隠れてしまったプラスな要素を探って下さい。

とはいえ、誰しもが簡単にできる訳ではありませんね。特に薬剤師の業務は忙しく、スムーズに最適な転職理由を導きだし、マッチした求人を選びだす事はなかなか難しいでしょう。そんな場合、薬剤師の転職支援サイトでサポートを受ける事も視野に入れてみて下さい。

あなたが望む条件に合った求人選びはもちろん、転職活動での様々な不安・疑問を専属のコンサルタントがサポートしてくれる無料のサービスもあります。これらをうまく活用しながら、この転職を成功させましょう。

保健所で働く薬剤師を目指すなら

「お薬屋さん、薬局」とひとくちに言ってもそのスタイルは様々で、つまり薬剤師が活躍する就職先にはたくさんの選択肢があります。「薬剤師の資格」とは、収入面、休日の多さ、安定、やりがい などなど…自身が重視するポイントによって人それぞれ満足のいく就職・転職を叶える事が可能な資格なのです。

なかでも「安定」を求めているタイプの薬剤師の方に最適な働き方は、なんといっても公務員としての就職なのではないでしょうか。薬剤師が公務員として働く場合、「保健所薬剤師」という選択肢があるのです。もちろん公務員ですので、一般の方と同じく公務員試験をパスする必要があります。

「安定したいから!」と簡単になれる職種ではありませんが、その苦労に見合った安定が得られるでしょう。最初から高収入が期待できる職業ではありませんので「収入アップ」を意識した転職には向きませんが、安定感、残業の少なさ、転勤の心配が無い、など魅力から人気の高い働き方です。

保健所で働く薬剤師の仕事内容は様々で、薬局や製造施設への指導や監視を行う薬事衛生はもちろん地域の生活衛生や保健衛生を守る重要な役割を担っています。地域に密着して住民の健康をサポートする充実した薬剤師人生を歩む事が出来るでしょう。

では、保健所で働く薬剤師を目指すにはどのように動き始めれば良いのでしょうか?上にも書きました通り保健所で働く公務員ですので公務員試験にパスすることが必要です。ですので予備校に通って公務員試験合格を目指すのが一般的な方法でしょう。

また注意したいのは、公務員試験にパスしてもすぐに保健所で活躍できる訳では無い事です。実は公務員として働く薬剤師には、保健所以外に国立病院など様々な配属先があるのです。そのなかから保健所へ従事できる保証はないのです。

保健所薬剤師への就職はたしかに狭き門ではあります。簡単になれるものではありませんが、「安定」を重視した就職・転職を希望しているのであれば大変メリットの多い働き方です。目指す方はぜひチャンスをつかんで下さい。

薬剤師転職を成功させるには

転職をするのであれば、更なる転職を招かないためにも転職後のミスマッチを防がなくてはいけません。「聞いていた条件と違う気がする…」「想像していた雰囲気とギャップが大きすぎる…」など、せっかく転職する事が出来たとしても新たな不満を生んでしまうようでは“転職を成功した”とはいえないでしょう。

また、職を転々とする事であなた自身のキャリアに傷が入ってしまう結果にもなりかねません。「とにかく、転職だ!」と闇雲にスタートを切るのではなく、慎重に、客観的な視点を持ちながら職探しを行うべきなのではないでしょうか。

とは言っても、「客観的な視線で自身を見つめる」ことはそう簡単な事ではありませんね。結果として分かりやすい過去の経験や取得した資格はともかく、転職先に望む希望条件や自己アピールなどはどうしても主観的になりがちです。それが全く問題である訳ではありませんが、せっかく転職活動を始めるのであれば第三者からのアドバイスやフォローがあったほうが有意義なのではないでしょうか。

そこで転職を意識する薬剤師へお奨めしたいのは、“薬剤師のための転職支援サイト”の利用です。薬剤師のための転職支援サイトは現在様々なものが存在しますが、そのほとんどが無料で利用する事ができます。転職のプロであるコンサルタントが、あなたの能力や希望を照らし合わせ、よりあなたにふさわしい求人選びをバックアップしてくれるでしょう。

また、履歴書や職務経歴書の作成や面接の対策など、転職活動での様々な不安に対してアドバイスを行い、自信を持って職選びを進める事ができるようフォローしてくれます。この度の転職活動を成功させたいのであれば、是非有効に利用するべきでしょう。

また、こういった転職支援サイトは併用する事をお奨めしておきます。同じ求人でも、サイトによって条件が異なる事も珍しくありません。また、あなたへのアドバイスを複数のコンサルタントから受ける事で情報や意見の偏りを防止する事もできるためです。

転職を意識する薬剤師さんへ

薬剤師に限った事ではありませんが、どんな人でも職場に対して何かしらの不満をお持ちなのではないでしょうか。給与や人間関係、業務内容など、その不満は人それぞれですね。

たしかに離職や転職を繰り返す事は決して正しい事ではないかもしれません。「自分自身の能力が活かせない業務だ!」「折り合いがつかない職場で我慢できない!」と簡単に職を転々とする事で、あなた自身の価値をダウンさせてしまうでしょう。

しかしその反面、もしも今より充実した薬剤師人生を歩める職場があるのだとすれば…。我慢を重ねて現在の職場で働き続ける事が[もったいない]状態なのかもしれませんね。

せっかく転職を決意したのであれば、更なる転職をしないためにも自分自身にマッチした職場選びをする必要があるのではないでしょうか。自分自身にマッチした職場とは、あなたの能力、キャリア、適正などが十分に満たされかつ給与や雰囲気、雇用形態などの希望条件により近いものを指します。

もちろん、給与や休日は多い越した事はありません。薬剤師も、そうではない方も、働く皆さんのほとんどは「給与が多く、残業は少なく、勤務地は近く、休日が多く…」といった希望をもっている事でしょう。しかし、そのいった求人が世の中に一体どれほど存在するのでしょうか。

ここで重要なのは、あなたが転職先に希望する“譲れないポイント”です。どこを譲ってどこを強く希望するのかを決める事で、求人選びは実りの多いものになるはずです。

そのためにはまず、自身を客観的に見つめる事が必要になるでしょう。自力で行う求人選びや自己アピールは、どうしても偏ったものになりがちです。客観的に自分自身のキャリアや能力を見つめ、その上で転職先へ希望する条件を絞っていきましょう。

長い人生のうちに、“転職“を何度も経験する方は多くないのではないでしょうか。転職活動を始めるだれしもが初心者なのです。ですが、失敗は許されません。より多くの情報に触れ、転職活動のテクニックを手に入れましょう。